「この家はあと何年ぐらいもちますか?」
リフォームのご相談や耐震診断にお伺いすると、よく質問されます。
木造住宅の場合、構造体に問題がなければ寿命というものはありません。(寿命を決める人によって寿命が決まります。寿命宣告された家は産業廃棄物という名のゴミになります。)
せっかく手に入れた「我が家」です。定期的にメンテナンスをして、長く住み続けられるようにしたいものです。
現在の住まいに何か問題を感じたら、専門家(有資格者)に相談しましょう。
間取りを変えたくなったら、耐震性が劣ることのないように専門家に相談し、プランを考えましょう。
雨漏りや腐った部分がないか定期的に点検を行い、問題があれば放置せず、きちんと補修しておきましょう。
古い住宅(昭和56年以前)は耐震診断を受け、問題があれば耐震補強することをおすすめします。
もしもこれから家を建てるなら、メンテナンスのしやすさ、飽きのこない設計(間取り・デザイン)、耐震性、素材に配慮し、できるだけ長く快適におつきあいの出来る家を建てましょう。
よろしければ当社がお手伝いいたします。
当社は「快適で安全な住まいづくり」を目指し活動しております。設計・施工・監理・点検まで一貫して行います。
家同様に、当社とも長いおつきあいをよろしくお願いします。
営業エリアは主に東京都近郊とさせていただいておりますが、特に限定はしておりません。
お気軽にご相談下さい。


【ZEH住宅への取り組み】
当社ではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及目標を下記の通り公表し、ZEHの普及に努めてまいります。
平成29年度:10%|平成30年度:15%|平成31年度:30%|平成32年度:50%
ZEH住宅施工実績 平成28年度:0% — 0戸/1戸(建築総数)